リロード  :: M E N U     新規  編集  差分  添付   トップ  一覧  検索  最終更新  バックアップ   ヘルプ  ヘルプ  ヘルプ    最終更新のRSS


A〜M

AA

アカースド・アセンション(The Accursed Ascension)
大型キャンペーン「リタニー・オブ・ザ・デッド」の最終章。

  • 類義語 BA(Black Abbot)

AC

アーマー・クラス(あーまー・くらす)
命中回避を20面のサイコロで計算するので、ACが1上がると実質回避率が5%上昇する。
回避に失敗するとDRによる減少値以外の全てのダメージが通ってしまうD&Dのシステムだけに、この値が高いほうが良いのは言うまでも無い。

ACP

アーマー・チェック・ペナルティ(Armor Check Penarty)

鎧や盾を着込んだために運動能力系スキルに加えられるペナルティを指す
タンブル<軽業>、スイム<水泳>、ジャンプ<跳躍>といったスキルが大幅にマイナスされる

ADQ

メネクタルン砂漠のクエスト「アゲインスト・ザ・デーモン・クイーン」の略。

ALT

Alternative Character。 同アカウントの別キャラ。もしくは別キャラに替わること。

AFK (Away From Keyboard)

直訳すると「今キーボードから離れています」
応用して「退席中」という意味になる
/afkまたは/afk onとするとフレンドリストがオンラインからアウェイとなり、またGrpの招待が退席中を理由に自動的に拒否される。
この状態は/afk offで解除される。

  • 類義語 ROM (Read Only Member)

BA

ブラック・アボット(Black Abbot)
大型キャンペーン「リタニー・オブ・ザ・デッド」の敵NPC。
転じて、リタニー・オブ・ザ・デッドのラストであるレイドクエ「アカースド・アセンション」のことを指す。

  • 類義語 AA(The Accursed Ascension)

BAB

基本攻撃ボーナス(Base Attack Bonus)
Base Attack Bonus または BAB は武器によるスキルを表す数値です。

1level毎に+1
Fighter, Paladin, Ranger, Barbarian
(Fighterのみスタート時に+1)

3/4level毎に+1
Bard, Cleric, Rogue

1/2level毎に+1
Sorcerer, Wizard

近接の場合、攻撃回数が増える

  1. 0BABで2回
  2. 1BABで3回
  3. 3BABで4回

    3回目は攻撃ロール+5、4回目は攻撃ロール+10
    Lv5Figは4回攻撃、BABは+5/+5/+10/+15
    (3回目攻撃は1回目、2回目よりHITしやすい)

BAN

禁止の意味を持ち、主に課金期間が残っていてもプレイ権利を剥奪されるアカウント停止等の処分を指す。
悪質な行為や、ハラスメントなどでBANされるといわれるが明確な基準は公表されていない。

Bank

いわずと知れた「銀行」。

場所はMarket Place と House Kおよびハーバーマスター・ハウス内にそれぞれあり、アイテムを種類に関わらず20個(マテリアル・コンポーネントやポーション等の重複して所持できるアイテムは1種類で1個の計算)保管できる。
ちなみにMarket Place と House KのBankの中身は共用。
※尚、拡張モジュール第2弾「Twilight Forge」導入後は、保管するアイテムの量が合計20個→1スロット20個という風に、インベントリー形式に変更される。(デフォルトは1スロットのみ)。
※また上記の拡張モジュールの導入後は、House Kへの貢献値(フェーバー)を上げる事によってスロット数を増やすことが可能になる。
 House Kのフェーバー75および150でそれぞれ1スロット増やすことが出来る。
 ただし、クンダラクはお金に厳しいのか、割と高額な金額を要求されます。 ※現在(Mod3.3)では、ハーバー・マスター・ジンの家の中にも銀行が出店している。


また、利用するのに手数料は一切不要だが、他のMMO or MOのRPGに見受けられる「同一アカウントの他のキャラクターと共用」は不可能(RP性を重視しての設定だと筆者は思いますが・・・)という所に注意。

BB

1.クレリックのLv6呪文「ブレード・バリア」
2.Bravery Bonus

BE

アーケイン、クレリックのLv5呪文「ブレイク・エンチャントメント」

Bbn

バーバリアン(Barbarian)

Bio

Bioはお前の日記帳だ、キャラの経歴から、ゲーム内の能力、今晩のおかずまで
何でも好きに書くといい。

Brd

バード(Bard)

BtA

Bound to Accountの略。
同一アカウントのキャラクターのみ使用でき、他人には一切受け渡しが出来ない事を指す。

BtC

Bound to Characterの略。
入手したキャラクターのみ使用でき、一切の受け渡しが出来ない事を指す。

Buff

味方に掛ける支援魔法。
磨き上げるの意味から
例:レジストエナジー、シールド オブ フェイス

CC (Crowd Control)

Crowd Control=人数整理。
「Crowd」とは「人込み」などの意味で、「Cloud(雲)」とは無関係。

多数の敵が出た場合に、状態異常魔法をかけて
一度に相手をする敵の数を減らすこと。

睡眠などは一度殴ると起きてしまうので、事前の取り決めがなければ
使用前に一言伝えると連携がうまく行きやすい。

ウェブ、ヒュプノシズム、スリープ、ホールド・パーソンなどが代表例。

CC (キャラチェンジ)

別のATLキャラクターに変更すること。

CHA

Charisma。カリスマ(魅力)

Char

Character。キャラ。

CK

アーケインLv5呪文、「クラウド・キル」

CL

アーケインLv6呪文、「チェインライトニング」

Clr

クレリック(Cleric)

Co6(Cult of the Six)

クエスト「カルト・オヴ・ザ・シックス」

正式には導入編ともいえる「グレイ・ムーン・ウォーニング」のクエストをクリアした後に受けられる、全部で3章(6クエスト)に渡る連続クエストの事を指す。
ちなみに「グレイ・ムーン・ウォーニング」は2章(4クエスト)あり、通しでプレイすると、ひたすらに長い・・・(特に初回プレイの場合は3〜5時間は必要と思われる)。

尚、一般的には「グレイ・ムーン・ウォーニング」のクエストも含んでのCo6という捉え方もある為、LFG or LFMにおいて人によっては「グレイ・ムーン・ウォーニング」を「前提」、「カルト・オヴ・ザ・シックス」を「本編」と分けて募集することが多い。本編のみの場合と、前提から本編まで全部含めての募集の場合もあるのでで注意が必要。

CoC

アーケンLv4呪文「コーン・オブ・コールド」

CR (脅威度)

チャレンジ・レーティング(Challenge Rating)
クリーチャーの強さの判断基準になる脅威度で、強い敵ほどCRも高い。

「4人パーティーで戦う場合、LVがいくつあれば相応しいか」の目安
(※マニュアルは人数とレベルを逆に誤訳)

CR6の敵が1体なら戦略なしに正面から戦っても、LV6の4人パーティーで約20%の損害を出しつつ勝利できる強さという基準。
(LV6の4人パーティーでCR11と戦うなら、パーティーの損害100%(全滅)の危険性大)

DC (難易度)

難易度(Defficult Class)
様々な判定の成功の難しさ。

Dal Qat (ダル・クァット)

ゼンドリックの最初期の入植地でストームリーチよりも歴史は古い。
旧大陸のリードラ帝国がゼンドリックへの足がかりのために築いた街で、
ストームリーチが遺跡の上に雑然と立っているのと異なり、水晶に彩られたとても美しい街である。
最近、この都市のものが、ストームリーチのオールド・ハーバーに入植をはじめたようである。

Dal Qual

アウター・プレーン界の一つ。夢の領域と呼ばれている。
巨人族が繁栄を極めていたゼンドリックに侵攻し、巨人帝国の崩壊の要因となった。
しかし、ダル・クォールは、崩壊と再生を繰り返すため、現在のダル・クォールは、
巨人族とたたかった者たちとのつながりは一切ないと考えられる。

DD

1.スキル、ディセイブル・デバイス(装置無力化)
 ローグ、アーティフィサー以外は習得できない。
2.Dmage Dealer
 攻撃担当。
 前衛のDDをAttacker、呪文使いのDDをNukerと言う。
 Nukerの意味で使われることが多い。
3.Direct Damage
 攻撃呪文のこと。

dmg (Damage)

ダメージ

DnD

ダンジョンズ・アンド・ドラゴンズの略。

DoT

Damage over Time または Damage on Time。
ジワジワとHPが減っていくような攻撃のこと。
流血ダメージ、酸の呪文、炎の壁の呪文などが該当する。

DPS

Damage Per Second(ダメージ/秒)
1秒間に与えるダメージの量を表す数値
転じて、高ダメージを継続して与える能力を持つキャラ(主に前衛)を指すこともある

DR (Damege Reduction)

敵から受けた武器によるダメージを軽減させる効果。
呪文のダメージ軽減はできない。

詳細は防御項目のダメージリダクション(DR)を参照のこと。

DV

クレリックのエンハンスメント「Divine Vitality」のこと。
ターンアンデッドの使用回数と引き換えに、仲間のSPを回復させる。
あると喜ばれ、無いとがっかりされる典型的エンハンスメント

Dwf

ドワーフ

E

クエスト難易度のエリート(Elite)
HE(Heroic Elite)と書く場合もある。

EE

クエスト難易度のエピック・エリート(Epic Elite)

EH

クエスト難易度のエピック・ハード(Epic Hard)

elite loot run

難易度エリートで、アイテム目的の、クエスト行き。

通常のRun(正しいほうの意味)と違って、急ぎ足で攻略するRushになる。

Enh

強化(エンハンスメント)。

EN

クエスト難易度のエピック・ノーマル(Epic Normal)

Grp

グループ(Group)。
パーティー(Party)と同義。

F2P(Free to play)

無料プレイの事。対して課金プレイはP2P(Pay to Play)

FF

  1. 国産コンピュータゲーム、ファイナルファンタジー
  2. TRPG、ファイティング・ファンタジー。
  3. D&Dのモンスターデータ集、Fiend Folio。
  4. ウィザード&ソーサラーの秘術呪文レベル1のスペル、フェザーフォール
  5. フェザーフォールが永久的についたフェザーフォーリングアイテムのこと

FO(Finish Out)

クエストをクリアするとリコールのボタンの文字がクエスト終了のものに変わるので
それを押してダンジョンを脱出すること。

FoD(Finger of Death)

アーケインLv7呪文「フィンガー・オブ・デス
頑健セーヴに失敗で即死させる非常に強力な呪文であり、キャスターを脳筋に駆り立てる。

FoM

ディバイン呪文「フリーダム・オブ・ムーブメント」

Ftr

ファイター(Fighter)

GC

スレナル遭遇地帯に存在するクエストジャイアント・ケイブ」の略。
正確には「ブルート・バラック」「ジャイアント・レアー」「フレイムロード・ヘイブン」の3つの総称である。
キャップが10LvだったMod2までは人気のファームクエであったが、レベルキャップ上昇やより高レベルのファーム向けクエストの実装で不人気となった。
とは言え、ソロでの攻略が可能なため、ちょっとした小遣い稼ぎとして一人でファームする者もいる。

GH

  1. グレーター・ヒロイズムの略称
  2. グッド・ホープの略称
  3. ジャイアント・ホールドの略称

GHT(Gianthold Toh)

クエストジャイアント・ホールド・トオー」
Mod4.0で追加されたレイドキャンペーン「リーヴァーズベーン」のプレレイド。
このクエストをオプションすべてを含めてクリアすることで、レイドクエスト「リーヴァーズ・フェイト」に挑戦できるようになる。

GJ(Good Job)

よい仕事をしたときにかける言葉
主にRogが罠や鍵を外したときに、パーティーメンバーが発する。

GWF

グレーター・ウェポン・フォーカス

H

クエスト難易度のハード(Hard)
HH(Heroic Hard)と書く場合もある。

HD

ヒット・ダイ(Hit Die)
Hitは、ヒットポイントと同様のHit。
Dieは死ぬではなく、Dice(サイコロ)の単数形のほう。
基礎体力のようなもので、CON(耐久力)とともにヒットポイントに関わる。
元々のTRPG版ではレベル個のダイスを振ってHPを決定してたため、この名称となる。
キャラクターに関しては、主に振るダイスの種類についての言及である。
モンスターは、ヒット・ダイの個数=Lvとなる。
また状態異常呪文にかかるかどうかの判定にも使われる。

Hfl (Halfling)

ハーフリング。
身長が人間の背丈の半分程なことからそう呼ばれる。
トールキンの指輪物語などに出てくるホビット(hobbit)と同じだが、
版権問題によりハーフリングと改称した。

HFO

Human Fighter "Otoko" の略。
D&Dでは使えないキャラクターの一番に挙げられてしまっていたが、
DDOでは果たしてどうなるか・・・!?

Hum

ヒューマン

IQ

シティエリアInspired Quarterの略

ITHF

インプルーブド・ツー・ハンデッド・ファイティング

ITWF

インプルーブド・ツー・ウェポン・ファイティング

lbs

ポンド(pound)
英米圏で日常的に用いる重さの単位
1ポンド = 約450グラム

LD (Link Dead)

リンク切れのこと。
回線の不調、あるいはサーバの不調などで突然落ちることを指す。
公式イベントなど、極端に負荷の大きい現場に居合わせたらこれに注意すること。

LFG

Looking For Group。
誘ってくれるグループを探すシステム。
tellなし無言で招待されると断る人も居れば、無言招待が普通だと思う人も居る。
また離席中だった場合、招待しても放置されてると時間経過で自動的に断る。
LFG状態のメンバーは、頭上に黄色マーカーが表示される。

LFH

Looking For Hum。
テイスティ・ハムを探すエモート。

このジョークがなぜエモートとして実装されてかは、米フォーラムかどこかにあったはずだが詳細は不明。
クローズ・オープンβ時は、街中でよくこのエモートを行っているプレイヤーを見かけたが、今では見ることが珍しい。

当時はジョークのためにインベントリに、テイスティ・ハムを忍ばせてLHFに対応して即座にハムを差し出す人もいたが、今ではインベントリに入っているハムはゾリアッドに汚染されたものばかりとなっている。

LFM

Looking For Member。
グループリーダーがメンバー募集をかけるシステム。
LFM中はキャラの上にマークがつく。
募集LV、募集クラス、募集要項などを設定できる。

DDOに慣れていないうちは、LFGを選択したつもりが実は間違えてLFMしていたケースも多々あるらしいので、一応注意しておくといいかも。
※筆者もその経験有りだったりします・・・。 orz

LoD

Update13で追加されたクエスト、The Lords of Dustの略。

LotD

ネクロポリスのクエスト「リタニー・オブ・ザ・デッド」の略。

Loot

Chest(宝箱)や敵の死体からアイテムを拾うこと。

ML

Minimum Level
最低レベル、最低装備レベル。
そのアイテムを使用できる最低レベルのこと。

MM

秘術呪文レベル1の、マジック・ミサイル(Magic Misile)。
コストが低く奇数レベルで一度に射出する弾数が増える。またセーヴによってダメージが軽減されない。
後半スペルに対して異常なセーヴを誇るボスモンスターにも、安定したダメージを与える事ができる。
また、MMのワンドは(3rd)、(7th)の様に弾数は固定されている。

TRPGについての話なら、D&Dのモンスターマニュアル(Monster Manual)の場合も。

Mod

モジュールのこと。
DDOでは、過去アップデートバージョンをモジュールと呼んでいた。
現在はUpdate○○と呼ばれる。
例)Mod4.2

Mob

敵のこと。

MP

マーケット・プレース(Market Place)の略。プライス(price)ではない。

PukiWiki 1.4.7 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji Powered by PHP 5.2.17