トップ  一覧  検索  最終更新  バックアップ   ヘルプ  ヘルプ  ヘルプ    最終更新のRSS

|[[ファイター>ClassesFighter]]|[[バーバリアン>ClassesBarbarian]]|[[パラディン>ClassesPaladin]]|[[レンジャー>ClassesRanger]]|[[ローグ>ClassesRogue]]|
|[[クレリック>ClassesCleric]]|[[ソーサラー>ClassesSorcerer]]|[[ウィザード>ClassesWizard]]|[[バード>ClassesBard]]||
~
[[クラス解説の見方>ViewOfClassesInformation]]~
**クラス バード(作製中) [#p877a862]
森林や丘陵地帯は、地に飢えたアウルベアや悪意あるディスプレイサー・ビーストといった、獰猛で狡猾なクリーチャーどもの巣窟である。~
しかし、こうした怪物どもよりさらに狡猾で強いのが、熟練した狩人にして追跡者たるレンジャーだ。~
彼らは、森を我が家同然(実際、彼らにとって森は我が家なのだ)に熟知しているばかりか、~
その獲物についても恐ろしいほどに知り尽くしている。~
**クラス バード [#p877a862]
音楽には特別な魔力があると言われている。~
その伝承が真実であることを証明するのがバードだ。~
土地土地を放浪して伝承を集め、物語を語り、音楽を用いた魔法を使い、観客の喝采を浴びる―~
それがバードの生き方だ。~
偶然やうまい話にひかれて揉め事に首を突っ込んだなら、バードは外交官や交渉人、使者、斥候、密偵として活躍する。~
(後略)~
【D&D3.5版PHBより】~
**おおまかな、クラスの特徴 [#nab167b8]
・戦士職。~
・二刀流か弓のどちらかの戦闘スタイルを選択する~
・得意な敵を設定でき、その敵に対しては強い~
・神聖魔法も使えるが、準備できる呪文の数、覚えられる呪文は限られている~
・レンジャー魔法を使うには判断力が必要、判断力が多ければスペルポイント(MP)も多くなる。~
・修得できる能力の多くは、軽鎧より重い鎧を着けていると発揮されない。そのため若干打たれ弱い。~
・獲得できるスキルポイントが多い~
・戦闘、魔法、索敵と、マルチな才能を有するクラス。~
・バード魔法を使える。回復の呪文もあれば、秘術魔法のような呪文もある~
(※他の戦闘職をかねている職業と比べれば、最初かなり多くの魔法を使える。)~
・呪歌(まがうた)という一連の魔法のような特殊能力を持つ。~
・バード魔法を使うには魅力が必要、魅力が多ければスペルポイント(MP)も多くなる。~
・軽鎧を着けたままでも、呪文発動に失敗しない。~
・獲得できるスキルポイントが多め~
・(重要)秩序属性を持つキャラクターは、バードのクラスレベルを上げることはできない(重要)~
**各クラスレベルで獲得できる能力など [#u77b8acd]
''&size(20){【クラスLV1】};''~
''【武器と防具の習熟】''~
レンジャーLV1のキャラクターは、全ての単純武器と軍用武器、軽鎧、タワーシールドを除く全ての盾に習熟している。~
バードLV1のキャラクターは、全ての単純武器とロングソード、レイピア、ショートソード、ショートボウ、軽鎧、タワーシールドを除く全ての盾に習熟している。~
※特に特技を修得していなくても、これらを全て装備できるということ。~
※特技を憶えないと、重・中鎧は装備できないので注意!~
''【フェーバードエネミー(得意な敵)】''~
レンジャーLV1のキャラクターは、下の中からどれか1つを選択し、そのタイプの敵に与えるダメージを+2できる。~
・アベレーション:異形タイプの敵(例:ドラウ・スコーピオン)~
・アニマル:動物タイプの敵(例:熊)~
・コンストラクト:人造タイプの敵(例:アイアンゴーレム)~
・ドラゴン:竜タイプの敵(例:グレートワームゴールドドラゴン)~
・エレメンタル:エレメンタルタイプの敵(例:アースエレメンタル)~
・ジャイアント:巨人タイプの敵(例:ヒルジャイアント)~
・ドワーフ:ドワーフタイプの敵(例:ドゥエルガル)~
・エルフ:エルフタイプの敵(例:ドラウエルフ)~
・ゴブリン:ゴブリンタイプの敵(例:バグベア)~
・ハーフリング:ハーフリングタイプの敵(例:ディープハーフリング)~
・ヒューマン:ヒューマンタイプの敵(例:パイレーツ)~
・リザード:爬虫類タイプの敵(例:コボルト)~
・マジカル・ビースト:魔獣タイプの敵(例:ガーゴイル)~
・モンストラス・ヒューマノイド:人怪タイプの敵(例:ミノタウロス)~
・ウーズ:スライムタイプの敵(例:ゼラチナスキューブ)~
※ダメージ以外にもTRPGだと有利になるのだが、詳細は不明~
''【ワイルド・エンパシー(動物との共感)】''~
レンジャーLV1のキャラクターは、アニマルタイプの敵に襲われにくくなる。~
魅力ボーナスによって、その確率は上昇する。~
魔獣タイプの敵にも有効だが、確率はかなり低くなる。(−4・・・−20%?)~
※DDOの詳しい仕様は不明~
''【ボウストレングス】''~
弓のダメージに筋力ボーナスを足せる。~
※TRPG版には無いので、詳細不明。~
''【バーディックミュージック(呪歌)】''~
バードLVが1以上のキャラクターは、呪歌に属する能力をバードLVに等しい回数使うことができる。~
''【ファシネイト(恍惚の呪歌)】''~
バードLV1で、パフォーム(芸能)スキルランクが3のキャラクターは、この能力を使える。~
この能力を発動させると敵は動きを止め、あなたの奏でる安らかな音楽に聞き入るようになる。~
魅力ボーナスが高いほど効く可能性が高い~
相手に対して攻撃などを仕掛けると、効果は途切れる~
''【インスパイア・カレッジ(勇気鼓舞の呪歌)】''~
バードLV1で、パフォーム(芸能)スキルランクが3のキャラクターは、この能力を使える。~
この能力を発動させると、自分を含めたパーティメンバーのチャーム、恐怖への抵抗に+1、攻撃、ダメージの判定に+1のボーナスを与えます。~
''【バード魔法LV1】''~
バードLV1のキャラクターは、1LVのバード魔法が使える。詳細は下表参照のこと~
(注意)1LVバード魔法を使用するには、魅力が11必要である。~
~
''&size(20){【クラスLV2】};''~
''【コンバットスタイル(戦闘のスタイル)】''~
レンジャーLV2のキャラクターは、自分の戦闘スタイルとして「二刀流」または「弓」のどちらかを選択する~
ただし、これらの能力は、軽鎧か、鎧を装備していない時にしか発揮されない。~
「二刀流」:特技としてツー・ウェポン・ファイティング(二刀流)を修得していなくても、また敏捷力が15以上なくても二刀流特技を持っているものとして戦闘できる。~
(利き手と逆手で攻撃可能、利き手には−2、逆手には−6の命中ペナルティ)~
「弓」:特技としてラピッド・ショット(速射)を修得していなくても、また敏捷力が13以上なく、ポイント・ブランク・ショット(近距離射撃特技)を修得していなくても、速射特技を持っているものとして戦闘できる。~
(弓を素早く撃てるが、命中に−2のペナルティ)~
''&size(20){【クラスLV3】};''~
''【インスパイア・カンペテンス(自身鼓舞の呪歌)】''~
バードLV3で、パフォーム(芸能)スキルランクが6のキャラクターは、この能力を使える。~
この能力を発動させると、30フィート以内にいる味方キャラクター一人の1種類のスキルチェックに+2のボーナスを与えます。最大2分継続(自分には使えない)~
~
''&size(20){【クラスLV4】};''~
''【神聖魔法LV1】''~
レンジャーLV4のキャラクターは、1LVの神聖魔法が使える。詳細は下表参照のこと~
(注意)1LV神聖魔法を使用するには、判断力が11必要である。~
''【バード魔法LV2】''~
バードLV2のキャラクターは、2LVのバード魔法が使える。詳細は下表参照のこと~
(注意)2LVバード魔法を使用するには、魅力が12必要である。~
~
''&size(20){【クラスLV5】};''~
''【フェーバードエネミー(得意な敵)強化】''~
レンジャーLV5のキャラクターは、フェーバードエネミー能力が強化される。~
※強化の度合いがTRPG版とは異なる記述がされているため、仕様が不明~
※強化のたびに新たなタイプが選べるのか?ダメージが増えるのは旧タイプのみか?など情報求む。~
~
''&size(20){【クラスLV6】};''~
''【インプルーヴドコンバットスタイル(戦闘のスタイル強化)】''~
レンジャーLV6のキャラクターは、LV2で選択したスタイルの強化能力を得る。~
ただし、これらの能力は、軽鎧か、鎧を装備していない時にしか発揮されない。~
「二刀流」:特技としてインプルーブド・ツーウェポン・ファイティング(二刀流強化)を修得していなくても、また修得条件を満たしていなくても、二刀流強化特技を持っているものとして戦闘できる。~
(二刀流に加えてさらに攻撃回数増加。追加分には−5のペナルティ)~
「弓」:特技としてメニー・ショット(束ね射ち)を修得していなくても、また修得条件を満たしていなくても、束ね射ち特技を持っているものとして戦闘できる。~
(弓を複数発射、2本なら−4、3本なら−6・・・の修整が命中にかかる基本攻撃ボーナス+10までは2本、+11〜は3本、+16〜は4本・・・)~
''【サジェスチョン(サジェスチョンの呪歌)】''~
バードLV6で、パフォーム(芸能)スキルランクが9のキャラクターは、この能力を使える。~
ファシネイトの影響下にある敵に暗示をかけてバードのレベルにつき、6秒間戦わせることができる。~
魅力ボーナスが高いほど効く可能性が高い~
この呪歌を使っても呪歌使用回数は減らない。~
※暫定的に公式のサジェスチョン呪文と同じ効果を書いておきました。~
~
''&size(20){【クラスLV7】};''~
''【バード魔法LV3】''~
バードLV3のキャラクターは、3LVのバード魔法が使える。詳細は下表参照のこと~
(注意)3LVバード魔法を使用するには、魅力が13必要である。~
~
''&size(20){【クラスLV8】};''~
''【神聖魔法LV2】''~
レンジャーLV8のキャラクターは、2LVの神聖魔法が使える。詳細は下表参照のこと~
(注意)2LV神聖魔法を使用するには、判断力が12必要である。~
''【インスパイア・カレッジ(勇気鼓舞の呪歌)強化】''~
バードLV8のキャラクターは、インスパイア・カレッジの修整値が+2になる。~
~
''&size(20){【クラスLV9】};''~
''【イヴェイジョン(身代わし)】''~
レンジャーLV9のキャラクターは、炎のブレスや、ファイアーボール呪文など、反応セーヴに成功すればダメージが1/2になる攻撃を受けた際、1/2にする代わりに、ダメージを0にする~
ただし、これらの能力は、軽鎧か、鎧を装備していない時にしか発揮されない。~
※これは強い!~
''【インスパイア・グレートネス(武勇の呪歌)】''~
バードLV9で、パフォーム(芸能)スキルランクが12のキャラクターは、この能力を使える。~
この能力を発動させると、30フィート以内の見える範囲にいる味方の攻撃判定に+2、頑健セーヴに+1のボーナスを与え、一時的にヒットダイスを2、ヒットポイントを20増加させる。~
~
''&size(20){【クラスLV10】};''~
''【フェーバードエネミー(得意な敵)強化】''~
レンジャーLV10のキャラクターは、さらにフェーバードエネミー能力が強化される。~
~''&size(20){【クラスLV10】};''~
''【バード魔法LV4】''~
バードLV4のキャラクターは、4LVのバード魔法が使える。詳細は下表参照のこと~
(注意)4LVバード魔法を使用するには、魅力が14必要である。~
~
**ヒットダイスとスキルポイント [#fc627b93]
''【ヒットダイス】''~
&size(20){1D8};~
&size(20){1D6};~
''【スキルポイント】''~
6+知力修正値~
**クラススキル [#mad6ebf3]
[[ハイド]](隠れ身)【敏捷力】~
[[タンブル]](軽業)【敏捷力】~
[[リッスン]](聞き耳)【判断力】~
[[スポット]](視認)【判断力】~
[[パフォーム]](芸能)【魅力】~
[[ディプロマシー]](交渉)【魅力】~
[[ムーヴサイレントリー]](忍び足)【敏捷力】~
[[スイム]](水泳)【筋力】~
[[コンセントレーション]](精神集中)【耐久力】~
[[サーチ]](捜索)【知力】~
[[ヒール]](治療)【判断力】~
[[ジャンプ]](跳躍)【筋力】~
[[ハグル]](値切り)【魅力】~
[[ブラフ]](はったり)【魅力】~
[[バランス]](平衡感覚)【敏捷力】~
[[ユーズマジックデバイス]](魔法装置使用)【魅力】~
**基本攻撃ボーナスとセーヴィングスロー修整値 [#q674bd67]
|>|CENTER:レンジャー|
|>|CENTER:バード|
|レベル  |基本攻撃ボーナス|頑健セーヴ|反応セーヴ|意志セーヴ|獲得能力|
|レベル 1|+1      |+2  |+2|+0|武器・防具の習熟、フェーバードエネミー、ボウストレングス|
|レベル 2|+2      |+3  |+3|+0|コンバットスタイル|
|レベル 3|+3      |+3  |+3|+1||
|レベル 4|+4      |+4  |+4|+1|神聖魔法LV1|
|レベル 5|+5      |+4  |+4|+1|フェーバードエネミー強化|
|レベル 6|+6      |+5  |+5|+2|インプルーヴドコンバットスタイル|
|レベル 7|+7      |+5  |+5|+2||
|レベル 8|+8      |+6  |+6|+2|神聖魔法LV2|
|レベル 9|+9      |+6  |+6|+3|イヴェイジョン|
|レベル10|+10     |+7  |+7|+3|フェーバードエネミー強化|
|レベル 1|+0      |+0  |+2|+2|武器・防具の習熟、バーディックミュージック、ファシネイト、インスパイア・カレッジ(+1)、バード魔法LV1|
|レベル 2|+1      |+0  |+3|+3||
|レベル 3|+2      |+1  |+3|+3|インスパイア・カンペテンス|
|レベル 4|+3      |+1  |+4|+4|バード魔法LV2|
|レベル 5|+3      |+1  |+4|+4||
|レベル 6|+4      |+2  |+5|+5|サジェスチョン|
|レベル 7|+5      |+2  |+5|+5|バード魔法LV3|
|レベル 8|+6      |+2  |+6|+6|インスパイア・カレッジ強化(+2)|
|レベル 9|+6      |+3  |+6|+6|インスパイア・グレートネス|
|レベル10|+7     |+3  |+7|+7|バード魔法LV4|
~
**魔法能力 [#ia3d0dd3]
''【レンジャーの魔法】''~
「基準能力」:判断力~
「準備」:必要~
「防具による失敗確率」:一切無し~
|>|CENTER:レンジャーのクラスレベル別呪文準備可能数|
''【バードの魔法】''~
「基準能力」:魅力~
「準備」:不要~
「防具による失敗確率」:軽鎧までなら無し、盾や中鎧より重い鎧の確率は通常どおり適用~
|>|CENTER:バードのクラスレベル別呪文準備可能数|
|レベル  |1LV呪文|2LV呪文|3LV呪文|4LV呪文|5LV呪文|6LV呪文|7LV呪文|8LV呪文|9LV呪文|
|レベル 1|不可|||||||||
|レベル 2|不可|||||||||
|レベル 3|不可|||||||||
|レベル 4|1|不可||||||||
|レベル 5|1|不可||||||||
|レベル 6|2|不可||||||||
|レベル 7|2|不可||||||||
|レベル 8|2|1|不可|||||||
|レベル 9|2|1|不可|||||||
|レベル10|2|2|不可|||||||
|レベル 1|1|不可||||||||
|レベル 2|2|不可||||||||
|レベル 3|3|不可||||||||
|レベル 4|3|2|不可|||||||
|レベル 5|4|3|不可|||||||
|レベル 6|4|3|不可|||||||
|レベル 7|4|4|2|不可||||||
|レベル 8|4|4|3|不可||||||
|レベル 9|4|4|3|不可||||||
|レベル10|4|4|4|2|不可|||||
~
#pcomment(コメント/クラスバード,15,reply)

#fusen

PukiWiki 1.4.7 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji Powered by PHP 5.2.17