リロード  :: M E N U     新規  編集  差分  添付   トップ  一覧  検索  最終更新  バックアップ   ヘルプ  ヘルプ  ヘルプ    最終更新のRSS



種族 ドワーフ

ドワーフは戦いの技と、物理的および魔法的な苦痛に耐える力、大地の秘密に関する知識、勤勉な働きぶり、
そして底なしの酒量で知られている
神秘に満ちたドワーフの王国は、山の内側を掘り抜いて造られており、
贈り物や交易品として作り出した驚嘆すべき財宝の数々でも名高い。
【D&D3.5版PHBより】"

ゲーム上での特徴

【耐久力+2、魅力−2】
ドワーフのキャラクターは、耐久力+2、魅力−2される
【サーチ(捜索)のチェックに+2のボーナスを得る。】
ドワーフは石工としての勘が働くので、建造物の隠された物(罠,操作盤,隠し扉)を発見しやすい。
(※TRPGと違って、石造りに限定されない)
【バランスのチェックに+4のボーナスを得る。】
ドワーフは重心が低いので、足場が悪い場所で動いたり、転倒から起き上がるのが得意。
【巨人からの攻撃に、AC+4のボーナス】
【ゴブリン系に、攻撃+1,ダメージ+1のボーナス】
【毒に対して+2のセーヴィング・スロー・ボーナスを得る。】
ドワーフのキャラクターは、あらゆる毒に耐える確率が10%高くなる。
【呪文に対して+2のセーヴィング・スロー・ボーナスを得る。】
ドワーフのキャラクターは、抵抗可能な呪文や呪文のような能力に耐える確率が10%高くなる。
【ドワーフは軍用武器としてドワーフ・アックスを使用することが出来る。】
ドワーフのキャラクターは、特殊武器ではなく、軍用武器としてドワーフ・アックスを見なす。
※エルフとはちがい、特技で軍用武器としてドワーフアックスに習熟する必要がある。
(ドワーフがFtr,Bbn,Pal,Rgrのどれかを取れば全軍用武器習熟なので、ドワーフアックスが使える)
 例1:ドワーフファイター…『マーシャル・ウェポン・プロフェンシー(ドワーフアックス)』を自動的に習得している
 例2:ドワーフクレリック……『マーシャル・ウェポン・プロフェンシー(ドワーフアックス)』を特技として取得しないとドワーフアックスを扱えない。
 例3:ドワーフ以外の種族…特技として『エキゾチック・ウェポン・プロフェンシー(ドワーフアックス)』を取得しないとドワーフアックスを扱えない。

※移動速度はTRPGと違って、遅かったりはしない。

コメント

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • ドワーフは死に難いキャラを作るのに最も適している。特に呪文に対するセーヴィング・スローは後半とても重要。
    人間の次位に何をやらせても強い種族だがバード、ソーサラー、パラディンにはあまり向いていない。 -- 2006-07-25 (火) 08:27:30
  • CON16にするビルドならCON+2のおかげで、バードやパラディンでも遜色ない。 -- 2006-08-04 (金) 16:06:07
  • ↑…CHA減るのに本気で言ってるのか? -- 2006-08-14 (月) 15:40:28
  • CHAが減っても呪文に対するセーヴ+2があるからセーヴ面ではそれほどのデメリットでもないのでは? -- 2006-08-19 (土) 19:18:12
  • PALは工夫次第ではなかなか強い物が作れるがBRDやSORは正直厳しい。どうしても使いたいならマルチも視野に入れた計画的なビルドが必要だと思う。 -- 2006-08-20 (日) 09:44:19
  • CHA-2をおおげさに考えすぎ。例えばバードで呪文のDC1とSP19と魅力関連スキル1の差は大きく感じるけど、最効率的なキャラ構築にこだわらなかったら、現場で大きな違いにならない。 -- 2006-08-23 (水) 12:18:23
    • たかが5%、されど5% -- 2006-08-25 (金) 14:03:37
  • つーても向いてないのは確かだろう。 -- 2006-08-25 (金) 07:48:02
  • ドワクレが硬い。後半においてこれほど頼れるヒーラーはない -- 2006-09-10 (日) 02:46:06
お名前:


PukiWiki 1.4.7 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji Powered by PHP 5.2.17