リロード  :: M E N U     新規  編集  差分  添付   トップ  一覧  検索  最終更新  バックアップ   ヘルプ  ヘルプ  ヘルプ    最終更新のRSS

お約束

■探索の前に
・ボイスチャットは、自分がマイクを持ってなくも、相手の声を聞くためにONにしましょう。
 設定は、オプション>オーディオ>ボイスチャットを有効にする
・チャット設定がデフォルトのままだと、パーティタブ使用中にSayやTellが見えないため、非常に不便です。
 チャットボックス上にあるpartyタブを右クリックして、表示したいものにチェックを入れて使いましょう。
 また、チャットは名前部分からドラッグ&ドロップで窓を別けられます。必要に応じて使い分けてみましょう。

■探索の心得
・相手によって武器を使い分けましょう。スライムには壊れても良い木製、ガラス製鈍器(Bludgeon)、
 Skeltonは鈍器(Bludgeon)、Zombieは剣、斧(Slash)など。
 (ただし、特技と武器の兼ね合いであまり変えないでいい場合もあれば
  DRが高くて多少の命中を無視してでも変えた方がいい場合もある)
 相性の悪い敵へのダメージは、黄色で表示されます。
・序盤クエストのHard、Eliteや中盤クエストのCasterは呪い系の呪文を使ってきます。
 呪いを解除するにはLv5以上のClericか1つ900GするPotionが必要なので安易に
 Hard、Eliteなど選ばないよう。または自己責任でどうぞ。
・スキル「ヒール」はHPが0〜-9までのPC(瀕死状態)をHP1で復帰させる技能です。
 普通にHPを回復させるスキルではありません。
 また瀕死の人には回復魔法一発で復帰させられるので『蘇生の意味での』必要性は薄いです。
 ※ヒールスキルはダンジョン内で自分やGrpメンバーがシュラインを使用する際の回復量に影響します。  

FAQ

ゲーム内容に関してのFAQ

■魔法が使えません

・酒場や神殿で魔法をスロットにセットしてありますか?
・魔法が使えるクラスで、そのクラスレベルに達していますか?
・クラスによって魔法を使うには必要な最低ステータスがあります。
 詳細は魔法→クラス 参照
・コンポーネントという欄に『マテリアル』と記載されている魔法は、触媒(マテリアルコンポーネント)が必要です。
 SPがあるのに魔法が発動できなかったらマテリアルが必要な魔法でないか、触媒はあるか確認してください。
・戦闘中に急に魔法が使えなくなった場合、上記の触媒切れの他に状態異常が考えられます。
・コーズ・フィアーによる恐怖状態、レイ・オブ・エンフィーブルメントによるSTRダウンによってSTR0になっていませんか?
・呪いや弱体スペルの影響で、INTやWISの値が、10以下になっていませんか? 呪文詠唱に必要な能力値を下回ると呪文が発動できません。

■最強キャラ、ステータス割り振りを教えてください

D&Dで最強といえるキャラは向かうクエスト、パーティ構成、扱い方によって様々に変わります。
自分で作ってみて試してみるのが一番ですので、試行錯誤してみてください。

■最強じゃなくてもいいので、参考になる指針を教えてください

自身のキャラクターの理想とする形がわからないと指針も教えられません。
漠然とでもいいので考えてから質問するとよいでしょう。

あえて言えば、自分のやりたいと思うことが最大限発揮できるキャラが結果的に最も優れていると言えます。

■1d6やd20等の意味がわかりません

この表示はTRPG時代からのダイスを振るシステムから来ています。
例えば武器の攻撃力で1d6+1と書いてあれば、
(6面ダイスを1回振った数値+1ポイント)のダメージを相手に与える可能性が有ることを示しています。
つまり、ダメージ幅が2〜7まで均等に出るということです。
(ヒットポイント上昇のダイス(HD)だけは1D10と書いてあったら10固定の模様)
d20なら1〜20の値が出る。
命中判定や各種セーブ判定等にも全てこのシステムが用いられているので、
詳細はD&Dルールの乗っているウェブサイトをご覧ください。

■攻撃が全然当たりません

攻撃のたびに命中判定ロールが行われており、
(攻撃ボーナス+1d20)≧(相手のアーマークラス)ならば命中となります。
ただし、d20で1が出た場合は必ず失敗、20が出た場合は必ず命中(及びクリティカルロール)します。

命中率を上げるには、BABを上げたり、装備や魔法で攻撃ボーナスの値を高めるのが妥当です。
また、パーティメンバーと交戦している敵の後ろから攻撃すると攻撃ボーナスに+2の修正があります。
また、特定の特技を持たず移動攻撃をすると、攻撃ロールが-4されるので、前衛職は気をつけること。

■ワンドや魔法アイテムを使いたいのですが・・・

ユーズマジックデバイス(以下UMD)のスキルを持っていれば使用できる可能性があります。
ただし使用には難易度判定があり、(UMD値+1d20)≧(難易度)ならば成功です。
失敗しても使用回数が減るほか、大失敗では自分がダメージを受けること等があります。

また魔法準備していなくてもスペルリストに存在している魔法と同じ魔法のスクロール、および自分の持っているクラスで習得可能な魔法(レベル不足などで実際に習得していなくても構わない)のワンドはUMD判定無しに使えます。
また、ポーションは一切の判定無く、誰でも使用することができます。

■魔法を覚えたいのですけど・・・


(ウィザード)
1.覚えたい呪文のスクロールと、そのレベルに見合った『スペル・インスクリプション・マテリアル』を用意する
2.覚えたい呪文のスクロールをクリック(装備しなくていい)
3.ウィザード専用フィートの『インスクライブ・スクロール』を使用する
4.黄色のゲージが満タンになるまで待つ

(ソーサラー・バード)
1.レベルアップの時に選択して習得した魔法以外は使えません。
2.大金を必要としますが最短で現実の3日に1回スペルの入れ替えが可能です。

(パラディン・レンジャー)
1.パラディンとレンジャーはレベル4から自動的に魔法を覚えます。呪文準備を忘れずに

(クレリック)
1.クレリックはレベル1から自動的に魔法を覚えます。呪文準備を忘れずに
2.キュアは強制的に選択されます。自由に選べる枠が1つ少ない事に注意!

■状態異常になってしまった!・・・

冒険中に罠や敵によって被ったステータス異常は、一部を除き対応する手段にて治療が可能です。
   恐怖(フィアー、デスベア)・・・リムーブフィアー、ヒールで回復。
   毒 ・・・ニュートラライズポイズン、ヒールで回復。
   暗闇・・・リムーブブラインドネス、ヒールで回復。
   睡眠、催眠・・・敵の攻撃で解除。味方による回復の詳細求む。
   呪い・・・リムーブカースで回復。
   病気・・・リムーブディジーズ、ヒールで回復。
   ホールド・・・リムーブパラリシス、フリーダムオブムーブメントで回復。
   瀕死・・・HP回復、治療技能(ウォーフォージドには修理技能)で回復。
   死亡・・・レイズデッド、リザレクション、蘇生の神殿で回復。
   疲労、過労・・・レッサー以上のレストレーション系で回復。
   ペイン・・・ブレスで回復。ディスペル系で解除可能。
   ステータスダメージ・・・レストレーション系、ヒールで回復。
   魅了・・・ディスペル系で解除可能。(サイオニックドミネイトは不可)
   ネガティブレベル・・・レストレーション(1レベル)、グレーター・レストレーション(全回復)で、回復。
   朦朧・・・ヒールで回復。
   マミーロット・・・呪いと病気の複合異常。リムーブ・カース後にリムーブ・ディジーズもしくはヒールで回復。
   石化・・・ストーン・トゥ・フレッシュで回復。ディスペル系で解除可能。
   タッチ・オブ・イデオシー・・・レッサー以上のレストレーション系呪文、ヒールで回復。ディスペル系で解除可能。
   フィーブルマインド・・・ヒールで回復。(グレーター・ドラゴンマーク・オブ・ヒーリングのヒール効果ならば、自己回復可能。)

ゲームプログラムに関してのFAQ

■ローディング中に固まります

メモリのデータをスワップ(ハードディスクの一時ファイル)に移してる可能性が高いです。
そうなると、数百メガバイトのハードディスクへの書き込みを行う時間だけローディングバーが動きません。
メモリ管理ソフトなどで事前にDDO以外のデータがスワップへ行くようにしておけば、ローディングがスムーズになりやすいです。
なお、DDOは大体700〜800MB前後のメモリを使うようです。
他にアプリケーションを起動していなければ1〜1.5GBあれば大丈夫。

街のデータは読み込み短縮の為にメモリに蓄積されていくので、多くの街を移動する時などは
一旦、ログアウトしてキャラ選択画面にまで戻ると軽くなる可能性があります。

■テクスチャが乱れます

ビデオメモリが貧弱だとテクスチャの品質を下げても、キャラが多い酒場や、場所を移動するローディング後に
テクスチャが乱れることが多いです。
またテクスチャの乱れで、メッセージウインドウが黒く潰れたり、上部のメニューが見えなくなることもあります。
そうなった場合は、テクスチャの品質を変えるか、ビデオポストのon/offを変えると
テクスチャが再読み込みされて正常な表示に戻ります。

コメント


PukiWiki 1.4.7 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji Powered by PHP 5.2.17