リロード  :: M E N U     新規  編集  差分  添付   トップ  一覧  検索  最終更新  バックアップ   ヘルプ  ヘルプ  ヘルプ    最終更新のRSS

選択できるクラスは現在14種類です。

各クラスの解説


モンクがMod7.0にて追加
フェーヴァードソウルがMod9.0にて追加

クラス解説の見方

クラスについて

マルチクラスクラスレベルキャラクターレベル

  • 一般的なMMOで言うレベル→キャラクターレベル
    • キャラクターレベルが上昇すると、好きなクラスレベルを1上昇させることができる。
    • キャラクターレベルは28までである。
      • クラスレベルは20までしか上げられず、20以降はエピック・レベルが上昇する。
  • キャラクター作成時点では、最初に選択したクラスのクラスレベルが1になっている。
    • 2つ以上のクラスのレベルをあげたキャラクターのことを、マルチクラスのキャラクターと言う。
    • DDOでは、一人のキャラクターは3つまでのクラスレベルを上げることが可能。
      ファイター1・ローグ2・ソーサラー1は3つなのでOK、バード1・バーバリアン3・レンジャー2・クレリック2は4つなので実際には無理)
  • 属性(アライメント)が決まってるクラスがある。
    • パラディンは「秩序にして善」のみ
    • バーバリアンとバードは秩序以外(混沌か中立)(善悪は、善でも中立でも良い)
    • モンクは秩序のみ
    • ドルイドは中立を含む組み合わせのみ(秩序にして中立、混沌にして中立、中立にして善、真なる中立)

マルチクラスのメリット、デメリット

メリット
・クラスレベルが特定の値になると、各クラスの特殊能力をキャラクターは得ることができる。 (魔法の能力、二刀流の能力など)
・つまり、マルチクラスを上手く使えば、秘術魔法と神聖魔法両方使えるキャラクターや、呪歌を唄える戦士なんかを作ることができる。
・セーヴィングロールに強くなる・・・マルチクラスのセーヴィングボーナスは、選んだ各クラスの合計値になるので、反応セーヴに強い戦士、頑健セーヴに強い魔法使いなどが作れる。
・クラススキルが多くなる・・・1LVでもクラスレベルを上げているクラスのクラススキルはキャラクターLV+3まで上昇させることが可能。(ただし、レベルを上げたクラス以外のスキルを上げるには2倍のポイントが必要。つまり、上限のみが上昇する。)
デメリット
・高レベルのクラス能力を得られない・・・クラスレベルが高い値で得られる能力は、強力なものである場合が多い。
・中途半端なキャラになっても泣かないこと。
※TRPG版では、極端なマルチクラスをすると、経験値が減るというデメリットがあった。DDOではEXPペナルティは無い

各クラス短評

クラスで迷ったら参考にどうぞ。
ここで表記している中衛というのは「前衛よりは後ろで、後衛を守るような位置取りがオススメ」と捉えてください。

  • ファイター・・・
    前衛向け。レベルアップによりボーナスで戦闘関連のフィートを追加できるのでキャラ構成の選択肢は幅広い。
    ファイター専用のフィートを持たないため事前にどのフィートを取るか考えるのも大事。
  • バーバリアン・・・
    前衛向け。HPが最も高く、被ダメージ軽減のフィートを習得する。移動速度がやや速い。
    レイジにより一時的にACを犠牲にして攻撃能力を強化できる。また短時間ながら防御能力を強化するフィートもある。
  • パラディン・・・
    前衛向け。オーラにより周囲の味方の防御能力を強化できる。レベルが上がると魔法を覚えたり、SPを使わずにHPを回復できる。
    魔法は信仰系なので重装鎧でも失敗することはない。また一部の状態異常に対して完全抵抗を得られる。
  • レンジャー・・・
    前〜中衛向け。キャラメイク時に指定した特定の敵に対して無条件で攻撃能力が上昇するという変わった能力の持ち主。
    4レベルで信仰魔法を習得する。二刀流と弓関連のフィートのいくつかを両方自動習得する。取得スキルポイントとSTボーナス、BABが多い。
  • ローグ・・・
    前〜中衛向け。HPは低いが罠解除や鍵の開錠が行える唯一のクラス。パーティに一人はほぼ必ずといっていいほど欲しがられる。
    罠や範囲攻撃に対するダメージを減少させるフィートを習得する。またUMDをクラススキルとする数少ないクラス。
  • クレリック・・・
    前〜後衛向け。回復魔法のエキスパートでありながら、最初から重装鎧に熟練していてHPもそこそこなので近接戦闘能力も中々。
    やはりパーティ需要の高いクラスの一つ。アンデッド系を無力化させたり、他人のSPを回復させるエンハンスメントを持つ。
  • ウィザード・・・
    後衛向け。豊富な攻撃魔法に限らず敵の足止めや無力化、ウォーフォージドのHPを回復させることができる。
    レベルが上がると魔法効果を増幅させるメタマジック・フィートの中から追加ボーナスで取得できる。
  • ソーサラー・・・
    後衛向け。習得魔法はウィザードと同じで、ウィザードより習得レベルが遅いが最大SPが全クラス中最も高く詠唱が早い。
    レベルアップ時に選択できる魔法以外は準備できないが、3日に1回だけスペルを入れ替えることができる。
  • バード・・・
    中〜後衛向け。Wiz/Sorよりは高いHPとBAB、Pal/Rgrよりは豊富な習得魔法候補と、全てにおいて中堅的な能力を持つ。
    多彩な能力を持っているように思えるが、フィートやエンハンスメントを考え抜いて取得しなければ半端なキャラに成り下がる。
    歌により味方の能力を強化できるフィートを持つ。プレイヤーの得手不得手が最も顕著に現れると思われるクラス。

エピック・レベル

Update14から導入。
レベル20以降のレベルアップではクラスレベルは上昇せず、代わりにエピック・レベルが上昇する。
能力の上昇値はあらゆるキャラクターで共通。
エピック・レベルを上げるにはMarketplace、またはEveningstarにいるFatespinnerに話しかける必要がある。
転生を行ったキャラでも必要XPは増加しない。

LVHPBABセーブフィートの取得ステータス上昇必要XP
21+10+1無し有り無し300,000
22+10無し+1,+1,+1無し無し450,000
23+10+1無し無し無し600,000
24+10無し+1,+1,+1有り有り750,000
25+10+1無し無し無し900,000
26+10無し+1,+1,+1有り無し1,050,000
27+10+1無し有り無し1,200,000
28+10無し+1,+1,+1有り有り1,350,000

トレーナー

DDOでは各クラスレベルをアップするために、トレーナーに話しかける必要がある。
また、各種クラスエンハンスの入れ替えもトレーナーによって行う
マップ上では「緑の葉っぱマーク」がそれぞれのトレーナーの位置を表している。

クラス場所名前
ファイターハーバーシン・アイアンフィスト
マーケットプレースアンドン『ブラッディフェイス』グレイ
デニスレイーマ・ド・デニス
デニスディヴン・ド・デニス
クンダラクターニア
バーバリアンハーバーライジャ・アラティール
マーケットプレースケンリック・ストロングクラブ
クンダラクバレノン・ザ・フォックス
ジョラスコジャンドン・プレインスランナー
パラディンハーバートー・オークハート
マーケットプレースソラディン・フレイムスォーン
ジョラスコサー・オルセン・オヴ・スレイン
ジョラスコマラ・クリッチ
クンダラクストームウィンド
レンジャーハーバーケイン・モーン
マーケットプレースマーカス・ブリーンボウ
デニスラックスノル・ヴァラクス
マーケットプレースリカーヴ
ローグハーバーアーモス・ケル
マーケットプレースマイカ・タマル
クンダラクカリンス・ソレンダ
クンダラクアンクセル・ビラック
クレリックハーバージョナス・ダレル
マーケットプレースダヴィン・ウェルド
ジョラスコタンベリ
ジョラスコガラードリィ・ウィン
ソーサラーハーバーエドリン
マーケットプレースアルドレッド・スターマーク
フィアランディリーン・ド・フィアラン
フィアランデイトラ・アーフィレン
ポータブル・ホールハーベンダー・ドラゴンボーン
ウィザードハーバーキスミ・ミットブ
マーケットプレースアルセリア・エルデモー
フィアランアーヴィレン・グリーニーズ
フィアランギャロマン・フェアウィンド
ポータブル・ホールサラキシル・ストームワイフ
バードハーバードリーン・ブルーストーン
マーケットプレースアスラ・ウィンターローズ
フィアランシレイヤ・フィアラン
フィアランフォーシス・ド・フィアラン
フィートジョラスコフレッド


PukiWiki 1.4.7 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji Powered by PHP 5.2.17